漢方薬の風邪薬と他の風邪薬

私は 少しでも風邪気味になりますと、すぐに市販薬の風邪薬を服用します。

家族には「そんなにすぐに飲まなくてもいいんじゃないの?」と言われますが、風邪の症状が酷くならないうちに治しておきたいのです。

ですので、私の家には常に風邪薬が常備しています。

常備している風邪薬は2種類あり、1つは普通の風邪薬でもう1つは漢方薬の風邪薬です。

私が服用している薬に限っては、漢方薬のほうが価格がお安いので 普段はこちらを利用しています。

しかし 何かの本で読んだ事があるのですが、漢方薬というのは長い期間服用して ようやく効き目が現れるそうです。

ですから即効性はあまりないような気がします。

しかし 私の場合は、風邪のひき始めに服用しますし まだ風邪の症状も酷くないですし、何よりも価格がお安いので「まずは漢方薬でいいかな」と思って服用しています。

大抵の場合は、この漢方薬で症状は治まります。

ですが、これでも治まらない場合もありました。

その時は、もう1つの風邪薬を飲みます。

これは漢方を使用していない風邪薬なのですが、こちらはかなり即効性があります。

また、「病院へ行くほどでもないけれど、少し辛いな」という程度の風邪ですと、何日間か服用すれば 私の場合は治ります。

私は他に持病があり その薬代がかなりかかっていますので、風邪でしたら なるべく病院へは行かずに市販薬で治したいのです。

いつも 早めに市販薬を服用しているせいか、ここ数年 風邪で病院へは行っていません。

勿論「風邪」を侮ってはいけませんが、今は市販薬でも身体に優しく そして効き目が良い物も沢山ありますので助かっています。

このブログ記事について

このページは、医薬情報担当者くんが2013年12月20日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「医療費抑制のために薬の無駄を無くす」です。

次のブログ記事は「風邪だと思って薬を飲んだら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。